MVNO利用者御用達「プレフィックス型通話サービス」端末側での番号付与が不要になる可能性

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00687/062200044/

音声通話についてドコモと日本通信が争っているのですが、ドコモ側からネットワーク側でプレフィックス番号を付与する機能を実現するから、規制強化はやめてくれないか、という提案がでています。

2020年内に開発、MVNOでは2020年12月に稼働するところもある見込み。

しかも、ドコモだけでなく、ソフトバンク、auも検討中ということで、アプリ経由しないと(プレフィックス番号付与しないと)という面倒からは解放される可能性がでてきました。

独自のプレフィックス付与アプリを開発している人には、ネガティブニュースですけど。

Googleプレイに「Acrobits softPhone」がない←復活してました

昨日(2020/6/17)気が付いて、今日もチェックしたが「Acrobits softPhone」がGoogleプレイにない。(2020/6/19復活していました)

一時的に非掲載になってしまっている可能性もあるが、有料アプリだったので、なんだか納得がいかない。

SMARTalkでのみの利用だったので、とりあえずは純正アプリでしのいでいる。(純正アプリもAcrobits製なんだけど)

「Acrobits softPhone」は、細かい設定ができて重宝していただけに困った。

新型fireタブ(8インチ)を買いそうになったが、まだポチっていない理由

新型fireタブレット(8インチ)がでました。

メモリ増量のプラスのクーポンが利用可能になっていたので、一瞬買いそうになりましたが、まだ買うにはいたっていません。

なぜか、というと、ここ最近エントリー型Androidスマホを短期間で買い替えるスタイルなのですが、古い機種をサブ機としてタブレット的に動画を視聴したり、音楽プレイヤーに使っています。

サブ機といっても、メインスマホに対してのサブ機ではなく、ノートパソコンで作業する際にとなりにスタンドにセットし動画を流しておいたり、音楽やradikoをかけたりします。(メインスマホは、バッテリー消費したくないため)

タブレットとの比較での不満は、画面の大きさぐらいです。

fireタブと違ってGoogleプレイも標準で利用できます。

それに引退した端末の余生を有効活用するという意味で、現状の運用がベストと判断しました。

新型8インチfireタブレット、記事が出たけどフライングだったのか?

「新型8インチfireタブレットが、今日から予約開始」との記事がなぜか、いまになって削除さています。

フライングだったのか、事情があって予約開始を遅らせているのか。

とりあえず、うろ覚えですが

fire hd 8 後継機。メモリ2GB。CPUの処理能力30%アップ。

fire hd 8 プラス メモリ3GBで、ワイヤレス充電対応。ワイヤレス充電に対応したスタンドを使うと、スマートスピーカーとして 昨日。

あと、キッズ向けがあったのですが、よく読まなかったので、わかりません。

fire hd 8 プラスの方もそれほど極端に価格が高い、というわけではなかった気がするので、自分で買うとしたらプラスの方にすると思います。

※Amazonで予約始まっていました。タイプc採用ですね。

ニンテンドースイッチ「Joy-Conドリフト」は、まだ解決していない(らしい)

ニンテンドースイッチのアナログスティック(Joy-Con)が、不具合を起こす件ですが、いまだ解決していないようです。

うちのスイッチもよく不具合を起こすので、Amazonあたりで互換品(スティック部分のみ)を購入して、YouTubeを見ながら直しています。結構簡単なので、おすすめです。

当然、保証は切れてしまいますが、そこはスイッチの利点で最悪Joy-Conだけ新品にすれば問題ありません。

だからこそ、スイッチライトは購入していません。アナログスティックが壊れやすいのに本体ごと修理では不便ですし、コストも高いです。

Joy-Conドリフトについては、子供がフォトナ等で力いっぱいグリグリやっているとすぐに壊れるように思います。壊れたことがないという人は、どんなゲームでもソフトにコントールしているのかな、と思います。