Amazonプライムビデオでプライム会員を増やす戦略が終わりつつある…今後は有料チャンネルへの誘導が主体かな

PC作業のお供に欠かせないプライムビデオですが、ここ最近の動きを見ているとプライムビデオをフックにプライム会員になってもらう、という戦略に変化を感じます。とくにアニメが顕著で、有料チャンネルへの誘導を優先しているように感じています。

アニメの場合は、dアニメ(プライムビデオのチャンネル版)へ誘導するのが基本、というところでしょうか。

確かにfire tvなどで視聴する時に有料チャンネルの方がシームレスにコンテンツを再生できるので便利は、便利です。

ただ、権利問題なのか、なんのか、dアニメ(本家)で視聴できて、チャンネル(Amazonプライムビデオ版)で視聴できないコンテンツがあるのです。

当然、同じ月額で内容が違うわけですから、本家を契約した方が得です。

kindleのようにプライム会員が無料で楽しめるコンテンツと、有料プラン(kindleアンリミテッド)で無料対象が増える、というような形態もあり?とも思いますが、その場合、有料チャンネルと競合してしまうというのが悩みかな。

【2020/05/07】おれのウォッチリスト

今回は、すべて視聴時有料配信

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」青ブタTVシリーズの続き(だと思う)個人的には、いったん区切りついたように感じた(原作は続いているが)

HELLO WORLDちょっと前に投稿済み。エンディング1ヶ月後の短編が容易されていたり、スピンオフ小説があったり、視聴後の余韻を楽しめる。とても満足。

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション デラックス吹替版」デラックス吹替版とは、どこがデラックスかというのは、冴羽りょう(山寺宏一)、槇村香(沢城みゆき)となっている。本来なら違和感ありまくりになりそうな実写でありながら、ギャグセンスなんてまんま原作である。シティハンター懐かしいな、と思うなら楽しめる可能性大。

【2020/04/28】おれのウォッチリスト

Amazonプライムビデオのウォッチリストで消化したものを淡々と紹介。

デス・ウィッシュ」インテリ系なブルース・ウィリスがやっぱり暴力で正義を執行する、みたいな感じ。

トレイン・ミッション」サスペンス、ミステリ、アクション、そして家族愛、と色々詰め込まれている作品。といってもバランスよくエンタメとして純粋に楽しめる。

闇の伴走者~編集長の条件」前作も配信中の作品。激しさはない地味目ななミステリ。前作に引き続き安定の面白さ。

ジョーカー」(視聴時は有料配信)劇場公開時に高評価だったので、前々から気になっていた作品。ダークナイトシリーズを見ていたので、引き込まれるものがあった。アフター新型コロナの世界では、くそ不況になってゴッサムシティのような街もでてくるのでは…と思うと違った感想がでてくると思う。

映画「HELLO WORLD」

とてもよかった。それ以上説明はいらないだろう。低レビューには矛盾点を指摘するものもあるが、この作品はミステリーのようになぞ解きを楽しむわけでない。演出として受け入れる。

本編一か月後短編 https://note.com/helloworld0920/n/n66a405b741cb

スピンオフ小説 「HELLO WORLD if ー勘解由小路三鈴は世界で最初の失恋をするー

本編でちょっとうざい美少女がいるが、実は、そこに意味があった。レビューには、スピンオフを読むことで本編の評価が上がるという声もある。すでにオーダーしており、本が届くのを待っている。楽しみである。

トリック(ドラマ)のオリジナル小説 帰天城(かえりそらじょう)の謎 〜TRICK 青春版〜

TRICK – トリック にオリジナルストーリー(中学生時代の奈緒子と、物理学者になる前の上田の物語)の小説版があることを知りました。

出版は10年位前で、電子書籍版もないので、手に入らない…

 

はやみねかおる先生で、表紙が鶴田謙二先生、です。

 

欲しいなー、電子書籍にしてはくれないだろうか。(kindleのリクエストしました)