2021年2月1日XRP仕手戦

日本時間 2021年2月1日 22時30分開始という予告時間で「バイアンドホールド!」という掛け声で始まった仕手戦でしたが、およそ1時間前、21時30分あたりから暴落しました。

思い返せば、仕手グループが仕込んでいるのかな?と思われる出来高の推移も見られたりしましたので、うまいことやられましたね、という結末でした。

幸い私がツイッターでフォローしている方の大部分が、頭としっぽはくれてやって、そこそこの利益がでている模様です。

SECの件は、最悪の出来事でありましたが、長期ホルダーに投資スタイルの変更を促したようようです。

ただ、この一件でぎりぎり「投資対象」としてみていたXRPは、「投機対象」になりました。(いや、元々投機対象でしょ?というつっこみはやめて)

今後、和解タイミングでのリバウンドを狙うにしても、投機と割り切り、値動きを観察していきます。

鉄火場でのトレードセンスは、まったく持ち合わせていないため、納得がいく価格まで下落を待ちたいと思います。