米SECにリップルが提訴された件で手仕舞い

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN22E940S0A221C2000000

いわゆるXRPの証券問題で米SECにリップルが提訴されました。

個人的には、じつはそれほど心配していません。

ただ、相場としては大きな重しになりそうだと考え、いったん撤退しました。

今後の展開としては、和解という選択をとるのではないかと考えています。

半年後を目途に予想通りの価格に下落していたら、買い直します。(半年後という目途は1年程度で和解するのでは?という適当な予想を元に言っているだけです。根拠はありません。)

和解のニュースで大きくリバウンドをする可能性もあり、価格が停滞しているタイミングで打診買い的に動くつもりです。

なお、売却額から税金を差し引いた資金で購入し直すと、XRPが40円を下回れば、以前よりも保有数を増やすことができます。