MVNO利用者御用達「プレフィックス型通話サービス」端末側での番号付与が不要になる可能性

ドコモが減収覚悟で提案、格安スマホの音声通話サービスを利する真の意図
 NTTドコモが日本通信との紛争を受け、あるサービスを格安スマホ事業者に提案している。格安スマホから通話した際、中継電話サービスとつなぐ「00XY」のプレフィックス番号を網側で自動的に付与するというものだ。総務省の規制強化を避ける狙いがある。

音声通話についてドコモと日本通信が争っているのですが、ドコモ側からネットワーク側でプレフィックス番号を付与する機能を実現するから、規制強化はやめてくれないか、という提案がでています。

2020年内に開発、MVNOでは2020年12月に稼働するところもある見込み。

しかも、ドコモだけでなく、ソフトバンク、auも検討中ということで、アプリ経由しないと(プレフィックス番号付与しないと)という面倒からは解放される可能性がでてきました。

独自のプレフィックス付与アプリを開発している人には、ネガティブニュースですけど。

タイトルとURLをコピーしました