「UQ WiMAX」は、5G化で固定代替特化へ向かうのか?

KDDIによる「UQ mobile」統合の狙いと、残される「UQ WiMAX」の未来、によると「UQ WiMAX」で使用している帯域を5G対応することを考えているとコメントしている。

5Gどこでも確実に繋がる未来というのは、かなり先の話になりそうなので、確実に繋がるエリアで「固定回線の代替」として訴求する方が現実的な気がします。

安定したある程度の通信速度と日に10GB程度使用しても速度制限がない程度の緩い基準であれば、ほとんどのユーザーは問題なく利用できるはずです。

というか、私自身、WiMAXを光回線への繋ぎとして利用しているのですが、5G化が来るなら光回線は必要ありません。(ping値も期待できそうですし)