5G時代は「おうち回線も無線」が本格化

色々と事情があって、固定回線の代替としてモデム内蔵のホームルーターでモバイル回線を使っています。

そんな私が「5G時代はWi-Fiルーターが固定回線代わりに?」を読んで思うこと。

余裕で固定代替ok

WiMAX2+や4Gで、それなりに快適に固定代替している身としては、5G時代は通信遅延も大幅に改善されるわけで、まったく問題ありません。

ただし、4k動画をがんがん見たい!といったニーズは5Gのプラン次第になりますので、期待はしておく、ということにしておきます。

現状、一般的な利用方法で不満はなく、5Gでネトゲで問題になる通信遅延まで解決されれば、なんの問題もないでしょう。

唯一問題があるとすれば、固定電話番号が必要か、という点です。

ちなみに、昨年、実家では、長年利用していた固定電話を廃止してしまいました。

時々、保険等に登録していた関係で「登録情報の確認を」という案内が郵送で届くくらいでそれほど問題はでていません。

高齢世代で、この程度の影響ですから、一般的なご家庭での固定電話番は、不要になりつつあります。

最近では、何かしらで電話番号を申請する際にも「携帯電話を推奨」というケースも増えており、以前のように「信用」のために保有する必要は激減しています。

モバイルを主に、固定代替としてモデム付きホームルーターという組み合わせは、近い将来、スタンダードになりえるのではないでしょうか。