夏休み明けで「逃げてもいいよ」というメッセージをよく見かけるが、逃げるは「戦う」に内包されていると思う

夏休みが終わり子供たちにとって、とてもストレスのかかる時期ということなのか、「逃げてもいいよ」というメッセージをあちこちでみかけました。

ここで思ったのは「逃げる」は、「戦わずして逃げる」ではないということです。

「戦い」の中に「攻撃」と「逃げる」は存在しているのです。