「自転車活用推進法」施行から二年、自転車でエコでゆとりのある生活を目指す

環境にやさしいことは、もちろん、メンテナンスされた自転車があるとは災害時とても役に立ちます。


出典 amanaimages.com

自転車活用推進法(2017年5月1日より施行)

「極めて身近な交通手段である自転車の活用による環境への負荷の低減、災害時における交通の機能の維持、国民の健康の増進等を図ることが重要な課題であることに鑑み、自転車の活用の推進に関し、基本理念を定め、国の責務等を明らかにし、及び自転車の活用の推進に関する施策の基本となる事項を定めるとともに、自転車活用推進本部を設置することにより、自転車の活用を総合的かつ計画的に推進すること」を目的として制定
出典 自転車活用推進法 – Wikipedia

ゆっくりこいでも徒歩の三倍程度速い

徒歩は、だいたい時速4km程度。
自転車だと軽くこいでも時速12km程度はすぐにでる。
単純計算で、約3倍早く目的地に到着する。

通勤等の距離次第だが、夫婦間でカーシェアもあり

「地方だとどうしても、クルマが必須なんですよ」とよく耳にする。
夫婦ともに自転車での移動では、無理があるようなら別だが、片方が自転車で移動できる範囲なら、夫婦間でカーシェアするというのも良い。(実践している)

夫婦間カーシェアには、折り畳み自転車を推したい

コンパクトカーであっても、楽にクルマに乗せられる折り畳み自転車をおすすめしたい。
パンク等のトラブルや雨等で迎えにいくという時やスケジュール都合で片道のみ自転車を使いたいときなどクルマと併用するにあたって、なにかと折り畳み自転車は使いやすい。

コインロッカーに入る折り畳み自転車も


Tern BYB: Bring Your Bike Exploring
動画では使用していないが「ポップアップカバー」も用意されている。

自転車先進国になれるか

辛口な人からは、自転車後進国と呼ばれている日本。
自転車活用推進法をきっかけに「自転車先進国」になるのを期待している。
また、地方在住だと徒歩で十分な距離でさえ、クルマを利用する人も多い。
環境という点でも、自転車の活用を真剣に考えるべきだろう。