【2019】日銀がヤバい!らしい?

異次元緩和の副作用とは?思っているような効果がないなら、立ち止まって考えるべきでは?

まずは、本を読んでみた


最終的に(あとがきの後)投資クラブや講座の宣伝があるので、危機を煽って・・・という感はあります。
出典 www.amazon.co.jp


日本軍との共通点というユニークな視点。楽観派からすれば「こじつけ」だが、悲観派だと嫌な予感に感じる内容になっています。
出典 www.amazon.co.jp


日本総研上席主任研究員による日銀の現状。最悪を避けるには「緊縮財政政策」だという。
出典 www.amazon.co.jp


すでに引き返せないところにまで来ているので、ドル建ての資産や暗号資産(仮想通貨)でリスクヘッジするべきと説く。
出典 www.amazon.co.jp

危機要因

日銀危機を扱う書籍では共通だと思うのですが、国債の債務残高対GDP比で200パーセントを超えているということ。そして、その国債を「事実上の財政ファイナンス」(市場を通してだが、ほとんどを日銀が購入している)しているということです。

日本はMMT実験国

インフレにならない限り、自国通貨建てでなら国債を発行しまくっても問題ないという「MMT(現代貨幣理論・現代金融理論」というものがあります。
日本は、すでに実施しているという指摘がありますが、日銀・黒田総裁は「実施していない」とはっきり否定しています。しかも、MMTには「ハイパーインフレ」のリスクがあることもみとめています。

※私は、MMTに限りなく近い状態だと考えています。もし、実際にはMMTを実施している状態で、リスクが現実のものとなる可能性はどの程度あるか、と考えてみてください。日銀が事実上の破綻状態となる可能性をどの程度だと感じますか?

最悪の事態がおこる確率は、年々上昇していると感じる

私が思っている最悪の事態とは、ハイパーインフレです。
※国際会計基準では、3年間で累積100%(年率約26%)でハイパーインフレ。

事実上の「日銀破綻」「財政破綻」となっても、影響が大きすぎて実際に破綻させることはできずに、いわゆるインフレタックス(インフレ税)という道しか残されていないと思うのです。