ガラホ「AQUOS K SHF32」でも「SMARTalk」を使えます(プッシュ着信は不可)

「AQUOS K SHF32」にzoiperを入れて、IP-Phone SMARTを使っていたのですが、急に着信しなくなってしまい代替として公式アプリの「SMARTalk」を使っています。

ガラホ「AQUOS K SHF32」にVoIPアプリ(IP電話アプリ)を入れてみた
http://matome.naver.jp/odai/2143999701388123201

zoiperを入れて、快適にIP-Phone SMARTを使用していたのですが、なぞの着信不能に陥ってしまいました。
しょうがないので、公式アプリの「SMARTalk」を使っています。

そのまえにapkファイルのインストールからおさらい。

まず、母艦となるAndroidスマートフォンからBluetooth経由でapkファイルをインストールする

参照:http://aquosk.blog.fc2.com/blog-entry-20.html

前モデル「SHF31」を使った説明ですが、同じです。

【参照】
ガラホau AQUOS Kシリーズ【型番SHF○○】へのapkファイルインストール方法
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/keitai/1441514891/1-10

[公式外アプリのインストール]

auスマートパス以外のアプリはメーカーのサポート外です、自己責任でどうぞ。
方法は三通り、事前に「ロック・セキュリティー」設定の「提供元不明のアプリ」にチェックを入れる。
デフォルト以外のファイラーアプリを使えばストレージ内のapkファイルをインストール出来るようになるので、さらに手段が増える。

【パターン1:他端末からBluetoothで】
まず他のスマホかタブレットにインストールし、esファイルエクスプローラーなどのアプリ送信機能を使いBluetoothで本機に送る。
※拡張子「.apk」の送信に対応してないスマホもある模様。

とにかく『apkファイルをBluetoothで転送』できれば手段はなんでも良い。
参考 http://s-max.jp/archives/1651980.html

【パターン2:プリインブラウザで】
欲しいアプリのURLをコピーし、APKダウンローダー(http://apps.evozi.com/apk-downloader/)から直接インストールする。
DLの際はリンク部分に方向キーでカーソルを合わせ、ブラウザサブメニューの「このリンク」→「リンク先を保存」→「表示・再生」を選択しインストールする。
DLできないアプリもあるので、その場合は1の方法を使う。

サイトは問わずサブメニューの『リンク先を保存』でapkファイルのインストールが可能、Amazonや楽天のアプリストアもこの方法で導入できる。
参考 http://aquosk.blog.fc2.com/blog-entry-51.html

【パターン3:ADB環境から】
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/296/296154/お気に入り詳細を見る

SHF32でSMARTalk使用時の注意点

プッシュ着信は不可

アプリの設定(着信方法)を「スリープモードにしない」にしてください。
端末のおかげなのか、それほどバッテリーは消費しません。

操作は、タッチクルーザーEXのみ

操作がタチクルのみなので、暗証番号による「画面ロック」を設定していると電話にでることができません。
画面ロックと併用したいなら、着信を携帯電話の方へ転送して発信にのみ使う……といった消極的な対策しかありません。できれば他のアプリを検討してください。

IP-Phone SMART(SMARTalk)

IP-Phoone SMARTとは? | FUSION IP-Phone SMART